腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DEATH NOTE 後編
2006年11月25日 (土) | 編集 |
当地方では、今日が初日でした。
田舎なのでねフィルムが回ってこないんだよ。
ちなみに、隣町の映画館では昨日上映が終わったのです(笑

さて。朝一から行って来ました。DEATH NOTE後編。
見た人の感想を見ても、かなりいい様子で…
恋人の詩織が殺され(ライトがデスノートに名前書いたからなんだけど)たおかげで、ライトはらくらくと捜査本部に入ることができた。
そんなとき、第2のキラの登場。
ほぼ原作どおりのストーリで見てて安心したかな。

それよりも、ライトが疑われて、Lとライトの対決を約2時間の間にどう終わらせるのか!
それがとっても気になった。


自分がちょっと笑ったのは、ライトの大学にLが来て、ミサと遭遇。
ちなみにこのときのLはひょっとこのお面をつけていたのにはホンマ和みました(笑
んで、ミサにLの名前を聞こうとライトがミサの携帯に電話したとき、出たのはLでした(爆
いや、そのときのライトの怒った表情がもうなんともいえませんな。
ライト、怒ってる!!怒ってる!!

その後。
ライトとミサが監禁→二人ともデスノートの所有権の放棄→第3のキラの登場といったところまでは大筋で原作どおり、だったと思う。
まあ端折られてるところはあるかもしれないけど、気になることはなかったので、大丈夫。

あと高田清美役の片瀬理奈、メチャメチャ足長いっ!!
ソファに横になる彼女の足がとってもびゅーてぃほーでつやつやで美しかった!!!
それがとっても気になった(笑
あと上原さくら、久しぶりに見たよ。
彼女に花があるかどうかは微妙だが、それにしても今回は結構年増?な役で、最後のエンディング見るまで名前が思い出せなかった…(汗

そして最後。
ライトの親父たちがFBIにデスノートを持っていくということに。
で、その際部下たちも一緒にアメリカに行く。
ライトとLの二人だけが残される。
そこにミサがワタリにつれてこられる。
そのとき彼女はデスノートを持っている。
それが見つかれば、彼女がキラだとばれてしまう。
ということで、死神レムにミサを助けるためにとレム自身が持つデスノートにLの名前を書くように仕向ける。
この辺まではまあ、ありだよね。
そっからだ。

ワタリが死に、Lも死んだ。
しかし、しかしだ!L死んでなかった。
何で?!と思ったら、Lは先に手に入れていたデスノートに自らの死を書いていたから。(数日後くらいに死ぬにしたんだったか??この辺はあやふやですー)
そして先にノートに書いた事が優先される、レムが書いてもそれは実行されない、というわけらしい。
なので、ライトがその後、ミサが持ってきたノートに父親の名前を書いたことなど、はすべてアメリカに行ったはずの父親たちや部下の人たちに見られていたというわけ…。
いやもう、この辺、原作よりも上手いと思う!
うん。
結局、Lは死んでしまうんだけど。
キラを捕まえるために、自らの名前をデスノートに書いちゃうあたり凄いわ。
あ、ちなみに、ミサの持ってきたデスノートはニセモノとすりかえられていたので、ライトの父親の名前か書かれても意味はなかった。と。
んで、結局最後の最後、ノートに名前を書かれたのは、モチロン原作どおりでした。


それにしても、ライトが正義をするためには、正義の為に犠牲は、とか正義という言葉を言う度に思い出されるのは、変態仮面じゃない、ゼロ様です(笑
最近、正義という言葉を良く聞きます。
正義ってなんだろう。

この映画、前編は(主にエキストラが)微妙だったけど、後編の終わりは良かったと思う。今回も前半部分エキストラは微妙なところは多々あった(笑
キラ様キラ様って盛り上がるのはとっても微妙だし。

それより、レムの声が池畑慎之介だったんですね!!
どっかで聞いたことあるっぽいけど、わからんー!と最後まで悩みました。

あと、L。
君いくら甘いものが好きだからって…。
苺のカキ氷に、練乳をだら~っとかけて、パクパクと。
なんてのは序の口だね。
ストレスでいっぱいで、終いにはガムシロップを一つ一つ飲んでいくのはどうかと思うよ…。
胸焼けしそうなくらいの量の甘いものを食べていた…。
俳優さん、マジで食べてたんですよね?
撮影中、体重はかなり増えたんじゃないかと(笑
それにしても、ガムシロップの飲むのは、キツイね…。
テーマ:DEATH NOTE 後編
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。