腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11話 ナリタ攻防戦
2006年12月22日 (金) | 編集 |
今回もまた…面白いっ!!!

セシルさんが怒ると怖いんですね(笑
その辺の力関係が見えて笑えた。

以下、ネタバレですよー
でもね。ロイドの言ってること間違ってないと思う。
「死なせたくないから軍にいる」
というスザクだけど。
確かにその考え方じゃ、いつかジレンマに陥ると思うな。
だって、軍人ってそういうものでしょ。
それをわかってスザクはブリタニア軍に入ったんだろうか。
う~ん、そういうジレンマ??というか過去がチラリと垣間見え…。

スザクっ!!!
親父と何があったんですか?!
親父の死にスザクは何かかかわりがあるのだろうか…。
気になる。
ブリタニア軍に入るきっかけとか何かあったんだろうか、とちょっと深読み。
彼にも何か過去がありそうだな。
それに暴走してるし…。
せっかくコーネリアを助けたのにっ!!


あ。キューエル卿…お亡くなりあそばされ…。
オレンジは・・・生きてましたね。
あの科学者たちのトラックの前に倒れるって因縁だな~。
それにしても顔が怖いよオレンジ君。
最後までオレンジじゃないと言い張ってましたが…。
つーか科学者たちはシーツーのような人??他にもいるってこと??
あのカプセルを運んでいたってことは・・・。
うむー。謎ですな。

そのシーツー。
彼女の過去にいったい何があったんだろう…迫害されてますよ。それに彼女はクリスチャンだったんですか??だからEDでは祭壇の前で血を流していたんですか??? あ、本当の名前も気になるところです。
あ、ルルがちょっとだけ素直に♪

扇の考えたくない考えあたりだな。
ルルってみんなを駒としてでしか見てないと思う。
裏ネットギ ア スを聴いてるとホントにルルって性格悪いよねーって思うもの。
まあ、そういう風に作っているんだろうけど。
それに、指揮官とパイロットを闘わせるってホントに難儀しそう。
それを上手く対面させるのって難しいと思う。
今日はシーツーに持っていかれましたが。
まあ、そうやってそろそろスザクの過去を見せないとね。

コーネリア殿下、「ギルフォード」って呼びすぎー!!
なんか萌えるけど(笑
皆川さんいいわ♪

あ、次回。
とうとうカグヤが出てくるんですね!!!
だから、メルマガでちゃんと名前を出したのね。
声誰だろう。こっちも気になるところ。
この様子だと、カグヤは京都の人っぽい??ね。
名前も日本名だもんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。