腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0.884
2007年09月18日 (火) | 編集 |
0.884

なんていうか、クロヴィスの印象がすっごく変わりましたっ!!
クロヴィスってルルーシュの事結構気に入っていたんだってのがよくわかりました。
意外にこの兄弟たちって仲が良いんだ。
普通、これほどの帝国でこんなに兄弟が多ければ、次の皇帝になりたくて他の兄弟たちに負けないようにと足の引っ張り合いでもしそうなところ。
それが、意外や意外、こんなに仲が良いとは…。
見せ掛けだけって訳でもなさそうだし。
なんだか、驚き。
それはやはり強大すぎる皇帝がいるからこそ、子供たちはまとまるのかな?

なんにせよ。
こんな風に思ってくれるクロヴィス兄をルルーシュはその手で殺してしまった。
もし、この会話をルルーシュが聞いていれば…と思うととっても苦しいな。
いや。
もしかしたらそれくらい思われているというか、仲がよかったのをわかっているからこそ、ルルーシュはあの後、吐いたりしたのか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。