腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽにょ
2008年07月20日 (日) | 編集 |
早速、見てきた。
さすがに昼間の回は家族連れが多いな・・・。

チケット買うとき、自分ひとりしかいないのに「何名さまですか?」と聞かれた…。
いや、自分の周りに誰かいるように見えましたか??
それとも見えない誰かを見たのでしょうか…。
いつもは聞かれないのでちょっとびっくりですよ。

さて、以下は感想を少々。

本筋にはそれほど触れない感想なので本筋のネタバレはないです。
どんなことでも、ネタバレ嫌な方は読まないほうが無難です。

反転してください。


この作品、初心に返ってってことなんでしょうか、CGを使わずに手描きで描かれたようですね。
その通り、絵の線が太いような気がした。
海の場面はセル画にしてはかなり上手く表現されてた様な気がします。
これがデジタルならもっとすごい映像になってそうだなーと。

宮崎駿の声優嫌い?の所為で、俳優や芸能人をよく使うけど・・・。
所○ョー○さんの演技、悪くはないけど、声優としては微妙?・・・なような気がした(爆
山○智○さんは、違和感はなかったかな。
他は特に、違和感はなかったけど、所さんだけは・・・、所さんでしかなかったような気がした。


それよりも自分が気になったのはこの作中のキャストのセリフ。
ソウスケ君5歳。
なのに、5歳児ではありえない言葉使いです。
言葉使いというか、言葉を知ってる!!
絶対5歳児では使わないだろう言葉を使ってました。

あと、5歳児で、バタ足が綺麗に出来てる…、すごいっ!!!
あれは普段からスイミングスクールに通ってないと出来ないですよ。
5歳児教えてた自分が言うんです。
通ってなくてできるんだとしたら親がちゃんと教えていたか、普段から自分で泳いでいたか、よっぽど才能があったかのどっちか。

あと、5歳児であんな簡単にマッチをすれるって自分は感心です!!!
自分はマッチを一回ですって火をつけられたのは小学校入るか入らないかくらい。
あれも普段から使ってないと出来ないでしょう。

あと何より、いまどきにあわせてる脚本だ!とちょっと個人的に受け付けないわ、と思ったのが。
父親、母親のことを、子供が名前で呼ぶこと。
ソウスケは母親のことを、リサ、と呼び捨てに。
父親のことももちろん呼び捨て。
最近は個人を尊重ってことで、お父さん、お母さんというより、それぞれの名前呼びってのが浸透してきているようだというのを以前聞いたけど・・・。
どうも自分は受け付けないな。

ぽにょの世界は現代とは違う世界だというので、自分の周りと比べるのはどうかとは思いますが。
でも、やっぱり、受け付けないなー・・・。
ああ、こういう考え方が堅いといか古いんだろうなー。

どちらにしても、このソウスケ君、何でもできるスーパー5歳児だと思った。
いや?
世界が違うなら、このぽにょの世界での5歳児はあんな難しい言葉を使うのが普通で。
海と密接に繋がる世界だから5歳児がかなり上手なバタ足できるのも普通なのかもしれませんねぇ…。
結局そんなことばかりに気がいってしまった。

もう少し素直に映画は見るべき、かもしれない。


まあ、正直、こんなものかなーと。
テーマ:崖の上のポニョ
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。