腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケヤキ
2009年07月20日 (月) | 編集 |
家から徒歩5分の小学校のグラウンドの真ん中にはケヤキの木が一本ある。


左横に見えるのが仮設校舎。
ちなみに奥の白い壁は、その向こうで新しい校舎を建てているのでその塀。なので今グラウンドは通常の1/4しか使えない状態。

それがどうやら火曜に切られることに決まったそうな。
淋しいねぇ。

10年くらい前の台風で枝が折れ、そして根っこの方から腐ってきておりました。
ってか自分が通ってた頃、根っこのところが腐ってる様子なんてなかったと思うんだけど。

しめ縄は御祓いをしてから切るので、そのためかな?


他の小学校の子に、邪魔じゃない?といわれたりしたけど。
最初からあるから逆に邪魔だと感じことがないんだよなー。
グラウンドの真ん中だから、ちょうどそれを境目にすることが出来たから別に不便を感じたことがないという。


結構大きな木なので、だだっ広いグラウンドの真ん中に木陰が出来てとっても自分としては良かったと思うけどなー。

でも、まさか自分が生きている間にこの木が切られるなんて思いもよらなかった・・・。
この木はいつまでもそこにあるものだと思っていたからな。
そろそろ創立100うん十年くらいになる小学校なので、木は樹齢100年以上だと思うんだけど。

ちょっと違うけど、「いつまでもあると思うな~」ということでしょうか。

それにしても、淋しいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。