腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パクリ
2005年10月18日 (火) | 編集 |
漫画家、末次由紀の表現盗用に講談社はかなり厳しい処置をしたようで。

全ての単行本の回収・絶版。連載の中止と…。盗用したといわれた作品以外の本も、ということですよね。(ちなみに当店では「エデンの花」は全12巻あります。これ回収されるのかな?)
本人も認めているということで、かなり厳しい処置なのかもしれないけど。
けど、この漫画を作る時点で、編集がチェックしたんじゃないのかな?
その編集はいったい何をしてたんだろう。
連載あって、単行本になった。その時すでに盗用されているというのがわかっていたはずなのに直しをしなかった編集部にも落ち度は無いのだろうか…と思ったりした。講談社

それにしてもこの漫画家が描いてる絵はかなりパクリが多い模様。いくつか見てみたけど、パクリというよりは殆んど同じ(汗
ちょっとそれはやりすぎ、かな。
結構名前の聞く作家だから衝撃は大きいだろうな~。

少し前にこういうエピソードのある小説(話の中に盗作された漫画家がいた)を読んだばっかりだったために、なんだか不思議な感じ。

それにしてもパクッた相手が悪かった…。
有名な「井上雄彦」じゃ、知ってる人が多すぎる。


二次創作もある意味パクリになるのかな(汗
自分は絵じゃないけど、ネタを考えるときは気をつけよう。
けど、いろんなものが溢れかえる世の中、難しいな~と思う今日この頃。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。