腐女子の日々の戯言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポセイドン
2006年06月05日 (月) | 編集 |
これから夏に向けて、見たい映画がたくさんでとっても嬉しい。
けど、見に行く暇があるだろうか…。
来週は、トリック2。
その次は、ミッションインポッシブルⅢ
パイレーツカリビアン、ゲド戦記、などなど。
こっちではしないのですが、デスノートやインサイド・マンも気になってます。

さて。今日見たのはポセイドン。
コレ、昔の映画のリメイクだよね。幼い頃、テレビで何度か見たことあります。子供心にちょっと怖かった…。
さて、リメイクということなので、大筋は昔と変わらず。
豪華客船が転覆、ひっくり返ったので助かるために船底へと向かう人。
まあ、その中に人間ドラマが昔はあったんだよね。
忘れたけど、いろいろあったと思うんだよ。
けど、今回のこの映画はそういう言うのなかったな~。
とにかく、どうやって助かるか。船底へと向かうかって所に重点が置かれた話でした。
まあ、それはそれでいいんだけど、似たような映画をつい先日見たばっかりでした(汗
それは海猿。
海猿も助かるために(こっちは船底じゃなく船首だったか船尾だったか記憶にございませんが煙突登ってるのは憶えてる)向かう話でした。
もちろん、海水の中にもぐったりするところも似てますな~。
あ、でもそれはポセイドンアドベンチャーの方が先だよね。
まま、そんなこんなで人間ドラマを期待せずに見ればまあ良いのではないでしょうか。
昔の映画はそれほど死体はなかったのですが、今回のはゴロゴロ。
フラッシュ・ファイアというんですか?ファイア・フラッシュだったか??
爆風というか熱風で一気に肺が焼けてしまった人たちが通路にゴロゴロ。
さすがにちょっと気持ち悪かった、けどコレが本当なんだよな。
たくさんの人がいて、そういう人たちが死んでしまっている所を通らねば助からない。
わかっているけど、気持ち悪い・・・。

それにても、自分としてはあのおじいちゃんが助かったのは何か嬉しい。
ってか、あのおじいちゃん、彼って言ってた?!
彼からの電話を待っていたの?!ドキドキ。左耳ピアスだったし、そうなのか、そうなのか?とそれが気になって(笑 いや、電話はたぶん仕事相手の話だったんだろうけどさ(笑 それでも、ねぇ~
なので、最後彼が助かったのがとっても嬉しいぞ。
こういう人の人間ドラマがもう少し描かれていればもっと面白かったかも。
ディランの話はもちろんないし、マギーとコナー母子がなぜ二人だけで舟に乗ってるのとか、なんかあれば面白かったのに。
あったとすれば、ラムジーとジェニファー親子とクリスくらい?
そういや、ジェニファーってあのオペラ座の怪人のクリスティーヌ役の人だよね。
どっかで見たことあるな~って思っていたら、そうか、そうか。

映画の話に戻りますが。
とにかく迫力だけはあるんじゃないだろうか。
結局誰が生き残るのか、それだけが気になって最後まで見ていたような気がする。
迫力だけはあったな、うん。殆んどCGでしょうがね。

あ、でも一つだけ。
津波起こるときって水引くんだよね??
見ながら、あれ水引いてなかったよな~。あれはただの高波か??なぜ津波が起こったのかが謎ですぞ。
テーマ:ポセイドン
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。